「白雪のことは、おれがまもってやるから」
母親のせいで周りからいじめられていた美しい女の子を守ってくれた幼なじみは、成長するにつれて変わっていった。「話しかけるな」なんて言うくせに、近づく男は排除していく。