生まれる家も環境も。
自分を取り巻く全てを選ぶ事は出来ない。
それでも此処で生きて行く。
そう決めたのは、自分自身。

「言ったでしょ?俺の愛は結構重いって。」
その後の彼等の彼れや此れ。



生まれた家が嫌だった。

育った環境が嫌だった。

惚れた男は最低だった。

でも、此処で生きて行くと自分で決めた。



画像タイトルを入力…



「 ・・・何でアンタがここにいるの。」

「 そりゃあお嬢の世話係ですからかね? 」


手に入れたのは、危険アブナイな男。



その後の彼等の彼れや此れ。




※ 花と拳銃の番外編的な物です。

割とふざけてますので悪しからず。


オムニバスのつもりです(?)