アサルトブルーの誘惑

作者瀬崎架南

近頃メディアを賑わせている人気若手俳優、高梨飛貴。彼は12年前に音信不通になった幼馴染だった。あたしの構えるカメラの中にはもうあの頃の" ひーくん "は何処にも居ない。
ただ在るのは、暴力的な迄に美しいその青く底光りする瞳だけ。



その色が、憎らしい。

その色が、恨めしい。


でもその色を、愛してた。



画像タイトルを入力…



「 紗和となら炎上してもいいけどね。」


何年経っても色褪せないその色が。

暴力的な美しさを孕んだ青が、この心臓を強襲する。



( 何言ってんの、ばか。)