アイスバースのお話です。初めてバース系に手を出したので温かい目で放置してくださると助かります(土下座)



茹だるような暑さの中。

蝉の鳴き声を背景に、君はこの腕の中で溶けて行った。



「それでも良いと思ったの。」


画像タイトルを入力…



それはまるで、白昼夢のような出来事だった。



主催 花厳 曄さん

企画『お別れ会の時間です』