いつの間にか囚われていたようです

作者るい