プレイボーイの楠証真は、転校先で、男だが学校イチ美人と言われる宮中誓久に目をつける。

 ところが誓久には、神の花嫁を務める楠木神社の人柱(狐憑き)。男との接触は原則禁止という秘密があった。

 二人は図らずしも、互いの孤独を埋め合う関係となるが、宮中家の闇は根深いようで――

 誓久は宮中家に…

【主要な登場人物】

※名前が分からなくなった時以外は、読まなくて大丈夫です。


クス 証真ショウマ…主人公

 竜泉高校の三年生。東京から転校してきたばかり。伝承研究部所属。

 黒髪、黒目。色気のあるイケメン。

 人や物事への関心が薄く、煩わしい人間関係を避けて生きていた。誓久に出会い、何故か誓久には執着するようになる。


宮中ミヤナカ 誓久チカヒサ(チカちゃん)…もう一人の主役

 竜泉高校の二年生。菅野に押し切られ、兼部の形で伝承研究部に入部。

 白髪に水色の目。男ながら学校イチと言われる儚げ美人。

 人柱として、世間とは離れた生活を送っており、純粋で俗世のことをよく知らない。証真と出会ってから、徐々に自分の意志が育ってくる。



菅野スガノ ユウ

 竜泉高校の三年生。オカルト大好きな伝承研究部の発起人。部長。

 変わり者で普段はおちゃらけている。頭が良く、コミュニケーション能力も高いので、いざという時は頼りになる。

 本人曰く、普通の人間。旧家である菅野家は、代々オカルト好きらしい。


竜泉リュウセン 流行ナガレ

 竜泉高校の三年生。野球部レギュラー。名ばかりの伝承研究部員。

 竜泉高校学長の息子で、真面目な優等生。菅野のストッパー。



宮中ミヤナカ 智子トモコ

 誓久の祖母。旧家である宮中家の権力者で曲者。保守的で、昔からの掟に従順。周囲からは智子様と呼ばれ、恐れられている。


宮中ミヤナカ 信雄ノブオ

 誓久の実の父だが、離れて暮らしているため、互いに親子という認識が殆ど無い。

 優しげな雰囲気。母親である智子様に思うところはあるものの、逆らえない。

 楠木神社の神主でもある。


宮中ミヤナカ 典子ノリコ

 誓久の実の母。智子様により、生まれたばかりの息子を取り上げられたことでおかしくなる。稀香を生んですぐ、事故で死亡。


宮中ミヤナカ 稀香マレカ

 誓久の実の妹だが、離れて暮らしているため、接点がほとんどない。


根岸ネギシ 洋次ヨウジ

 宮中の分家である根岸家の家長で、柚莉の父。信雄と典子とは幼なじみで、典子に想いを寄せていた。


根岸ネギシ 柚莉ユズリ

 竜泉高校二年生。誓久の幼なじみ。誓久を除き、大の男嫌い。分家の娘だが、智子様の言いつけで、神社の手伝いをしたり、稀香の面倒を見たりしている。



楠木山クスノキヤマの神

 誓久が祈りを捧げる神。過去の大厄災で力を失い、現在は祠にいない。力はあるが、人間の気持ちに疎く、不器用なため、シロの手伝いがないと破壊をしてばかり。


シロ

 楠木山の白狐。不器用な楠木山の神に仕え、お手伝いをしていた。楠木の神と併せて信仰されることで、神格化している。