八坂不動産管理の訳アリな日常 幽霊と同居、始めました。(著:飛野猶)

作者【公式】小説大賞2020受賞作試し読み

大好きな仕事から外され、彼氏にも裏切られ、踏んだり蹴ったりの山崎千夏、27歳。異動先で隣の席の男性に声をかけると、いきなり上司にこう聞かれた。
「お前、そいつが視えてるのか?」
その部署は、社内で担当のいない仕事がまわされる、通称・幽霊専門係。着任早々、怪奇現象が起こるというアパートに来た千夏は、…

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり5
八坂不動産表紙


大好きな仕事から外され、彼氏にも裏切られ、踏んだり蹴ったりの山崎千夏、27歳。異動先で隣の席の男性に声をかけると、いきなり上司にこう聞かれた。

「お前、そいつが視えてるのか?」

その部署は、社内で担当のいない仕事がまわされる、通称・幽霊専門係。着任早々、怪奇現象が起こるというアパートに来た千夏は、ついてきた爽やか男子(でも幽霊)の元気と原因を調査することに。しかもなぜか彼と同居することになり……。


▼書籍の購入はこちら

Amazon

楽天BOOKS

カドカワストア


▼電子版の購入はこちら

Amazon Kindle

BOOKWALKER

BookLive

シーモア

DMMブックス

楽天kobo

ebook japan

dブック


コミカライズ決定