明日をくれた君に、光のラブレターを(著:小桜すず)

作者【公式】小説大賞2020受賞作試し読み

高2の藍原美月は親友の彼氏に叶わぬ片想いをし、悩む日々を送っていた。ある日、美月は図書室で『こころ』に挟まった自分宛てのラブレターを見つける。差出人の名前は「佐藤」、でも心当たりはゼロ。不審に思いながらも返事を本に挟むと、翌日また手紙が! こうして不思議な文通を繰り返すうち、「佐藤くん」は美月にと…

  • コメント
  • スタンプ6
  • しおり19
表紙



高2の藍原美月は親友の彼氏に叶わぬ片想いをし、悩む日々を送っていた。ある日、美月は図書室で『こころ』に挟まった自分宛てのラブレターを見つける。差出人の名前は「佐藤」、でも心当たりはゼロ。不審に思いながらも返事を本に挟むと、翌日また手紙が! こうして不思議な文通を繰り返すうち、「佐藤くん」は美月にとって大切な存在になっていくが――。「藍原さんに、会いたい。」手紙にこめられた想いがわかるとき、涙が零れる。切なさに包まれる感動作!




▼書籍の購入はこちら

Amazon

楽天BOOKS

カドカワストア


▼電子版の購入はこちら

Amazon Kindle

BOOKWALKER

BookLive

シーモア

DMMブックス

楽天kobo

ebook japan

dブック


campaign