天才御曹司が、私へのストーカーを死ぬまでやめてくれません 〜マイナス余命1日〜

作者和泉杏咲

なぜ、私だけがこんな目に遭うのか。
なぜ、私だけにこんなに執着するのか。

私は間も無く死んでしまう。
どうか、私のことは忘れて…。
だから私は、あえて言うの。
バイバイって。

死を覚悟した少女と、彼女を一途(?)に追いかけた少年の追いかけっこの終わりの始まりのお話。