「好きじゃないの。生理的に」


「へぇ、奇遇。俺も一緒」




私は私の初恋を、


記憶の底に押し込んだ。