高校生になった凜空は一人の男の子と出会う。ねぇ、君は幸せだったかな?私は幸せだったよ。あなたと会えて、私の人生は世界中の桜の花びらをいっぺんに空に撒いたように色づいたんだ。

その年、私は恋をした。

それは世界中の桜の花びらをいっぺんに空に撒いたような。

そんな淡いピンク色の青春だった。