神様の愛した娘

作者白鵺

権力ばかりを持った少女は神に愛され、その身に神を宿す。そして彼女は貴族の騎士を伴い人探しの旅に出た。――ねえ、あなたは嘘をついている。

 


 


惟楽【かむながら】の者


 


 


その者たちは神に愛され


その見返りに御神体の役割を果たす位の高いもの


 


 


その者の為す


人智を超えた業を


人は【奇跡】と呼ぶ


 


神に愛された娘は


有能な騎士を従え旅にでる――


 


 



 


本作に出てくる神道、仏教などの宗教は事実にそったものもありますが、ほぼ作り話です。ご了承ください。