私と君の話。

作者永瀬 鞠

私と天使の×日間。


誰かわたしを見つけて。


わたしはここにいるよ。





たまごのきみ





「おいおい、そんな略し方じゃ伝わらないだろ。略さず書け、卵かけごはんが好きな君って」


「それ略しても「たまごのきみ」にならないからね。ていうかそもそも何かの略なのこれ?」


「あ、ちょっとそこの醤油とって」


「あんたは本当に卵かけごはんのことしか頭にないな!」





<改題>

卵かけごはんが好きな君





「なに勝手にタイトル変えてんの」


「いただきまーす」


「人の話を聞け!」




ある朝突然私の前に現れた自称天使の男。


何しに来たんだこのニート天使は!!





(本当は、)

(私と君の話)

(っていう、ただそれだけの話。)





「殻に閉じこもってちゃ、見えるものも見えねーよ。

怖くても目を開けてみな。


お前はここにいるし、

お前を見てる俺がここにいるだろ」