When he loved me

作者蜜虫

今年のバレンタインは別れの香りがした───。実家に帰る電車の中で思い出していた。それはかけがえのない彼との日々。そこにあった大切な時間。彼が私を愛してくれた時。




今も頭の中を巡るのは






彼が私を愛してくれた時─────。