ノラ猫【完】

作者美憂

愛なんか知らない
自分のカラダなんてどうだっていい。

今日もあたしは、街をさまよい歩く。

 

楽しい…


淋しい…


悲しい…


嬉しい…




………愛…




ねぇ…


それってどんな気持ちだった…?


どんな感情だったの…?



忘れちゃった…


それがいったいどんなものだったのか…


そんなの昔に忘れちゃったよ…。





感情をなくした一人の少女が


あてもなく街をさまよい歩く


 



完結しました!!