“――雨の向こう側には、私を知らない世界が広がっている”


 諸事情により様々な人生経験を積んできた女は、新たな就職先【藤原】へとやってきたが。

「これは予想外だったわ……」

 女を待っていたものとは一体――。


 昭和から平成へと移り変わる時代の中で、世界から弾き出されていた一人の異端児…

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり5






波風を立てぬよう、時には口を

気付いていても、知らない


嘘だとわかっていても、わざとされて生きてきた




画像タイトルを入力…


「……馬鹿者が」






一生こうやってきていくんだと

……疑いも、しなかった






雨中











 この物語はフィクションです。

 登場する人物・団体・事件等は全て架空のものです。


<ご挨拶>

 数多くある作品の中から見つけていただきありがとうございます。

 作者の作品は全て、マイペースに自己満足で執筆したものになります。誹謗中傷はお止めください。



 読んでくださったどなたかの心に、少しでも何かが残りますように。

 たくさんの幸せと感謝を。そして、元気と勇気が届けられますように。


 未熟者ではありますが、温かく見守っていただければ幸いです。



 2022.11.01 ~ 2022.12.23