皇帝の通詞

作者はのこ

「皇帝陛下の声をお届けする事、それが誰にも譲れない私のお役目」女性でありながら若き皇帝に仕える官吏(かんり)の一人として宮中で活躍する一人の少女の物語。




若き心優しい新皇帝の即位により国は大きく変わろうとしていた。




「皇帝陛下の声をお届けする事、それが誰にも譲れない私のお役目。」




6b70f621d324





女性でありながら官吏(かんり)の一人として宮中で奮闘する一人の少女の物語。