あんなに愛していたのに

作者宮澤流星

16世紀中盤、戦国時代。その美貌と武勇とで名高い陶隆房は、周防の戦国大名・大内義隆の寵臣だった。命に代えてでも主君を守ると誓っていたはずなのに…。

西国随一の戦国大名

大内義隆

(おおうち よしたか)


×


その寵臣

陶隆房

(すえ たかふさ)



あんなに愛していたのに

少しずつ離れていく心