平安時代末期、朝廷に仕える武士・佐藤義清(よしきよ)は天皇の妃・璋子(たまこ)に懸想する。身分違いの恋の行方は…。のちの西行法師の若い頃の物語。

  • コメント
  • しおり22


願わくは花の下にて春死なん

その如月の望月の頃







平安時代後期

桜舞い散る季節

北面の武士・佐藤義清は

鳥羽上皇の妃・藤原璋子と

運命の出会いを迎える



2012.05.08完結