出会いは最低。目の前で女とヤっちゃう様な男の子でした。






"僕と友達になってくれる?"




それは、


"運命"と言える恋でした。