【アンダンテ】〜生徒×先生の恋の行方〜

作者MAI

高校3年生の女の子、蒼海(うみ)は若くて生徒から人気のある吹奏楽部の顧問、真広(まひろ)先生に突然キスされて…いったいあれは何だったのか?先生と生徒二人の甘くも切ない禁断の学園恋愛ストーリーです。

もう下がれない。


もう逃げられない。



彼が途中でタバコを携帯灰皿に片付けるのは見た。



その光景が最後。



真広先生は罪を犯した。


いや、私も共犯者になった。



タバコの香りがきつい。


彼の唇が離れた感触をきっかけに、私はようやく目を開けた。



今起きた出来ごとに、ぼーっ・・・とする。



彼は私よりうんと背が高いから、必然的に見下ろされている。



更には逃げ出したいのに、先生の両手は私を挟む様に、フェンスをしっかり掴んでいる。



不安や戸惑いや悲しみや驚きなどの感情が溢れてどうしようも無い。



だからそれらが全て伝わる様に、複雑な表情で彼を見つめた。



どうしたらいいか、わからなかった。



だから問う。



「どうしてですか?」



「どうしてだろうな」



「なぜですか?」



「なぜだろうな?」



本当に分からない。







人も恋もゆっくり成長する


【アンダンテ】で・・・


※アンダンテとはイタリア語で”歩くような早さで”という意味で、楽譜の速度記号の一つでもあります。




現在、蒼海が卒業した後の物語。

【アンダンテ②】毎日更新中♪


その後の二人はどうなったのか?!

真広先生の禁断の甘々&溺愛姿も見れちゃうかも?!


そんな二人の続きをちょこっと覗き見できる

『After graduate 』追加してます。


是非楽しんでいってください⭐︎



MAI