幸せの空き箱

作者sirasagi43

啓太は愛情を暴力で表現するが

薫は素直な女性であり啓太の愛を

素直には受け取れなかった。同僚綾香と憲次を巻き添いに啓太から逃れよと藻掻いた日々・・

ひとひらの言をつなぎて 愛光る


    誠意と愛と恋の確かさ・・・・



笑えるセンスの冴えた言葉に動かぬ自然の摂理が視えるだろうか。


品良く笑わせるセンスのレベルを観察してみよう。



信じた幸せの本物が潜んで居るだろうか。


愛と言う文字が誠意と言う糸から


真実へと結び着ける血液が流れて

居るだろうか。


言葉に愛の魂が宿って居るのだろうか。


幸せが本当に言葉の箱に入って


居るのかどうか。?


貴方ならどうして確かめますか。