メシア―第3章―

作者

私を救ってくれた人は、狼のような救世主《メシア》。その瞳に映るのは、本当の私の心だった――…。



狼は


我が救世主なり。





「ただ…彼の

側にいたいんです…」



あなたは

暗闇の中の希望の光。



「――必ず

愛音は助け出す」



どうか神様、

私から奪わないで。




作品に関する中傷はお止め下さい。