橘くんは誰もが見惚れる美形で





平凡な私とは釣り合わない




それでも大事にしてくれてた

はずだったのに




.




ああ、やっぱり彼の隣に私は

ふさわしくなかったんだ