のろま『タンク』と言われ馬鹿にされた「重戦士」───防御力をMAXにしたら「重戦車」(ティーガーⅠ)に進化した

作者LA軍

勇者パーティで壁役(前衛タンク職)のアルガスは、不遇な扱いを受けている。
中堅冒険者で年長でありながら、肉壁タンクになれといわれてしまい、貴重なポイントを無理やり防御力に極振りさせられた。

そのため、足は遅く、攻撃力は並み。
武器も防具も、「タンク」のための防御一辺倒のクソ重い中古品ばかり。

前衛盾職──通称タンク


それはパーティの前面においてすべての攻撃を防ぎ、パーティを守る砦。


これはとあるパーティで不遇な扱いを受けていた一人の男の物語。

彼が限界を超えたとき、その鋼鉄の虎が降臨する──。


吠えよ。88mm戦車砲ッッ!


ティーガー1が異世界に降り立った!!