それを相性と呼ぶのなら【完】

作者日下奈緒

初体験の相手に「セックスの相性が悪い」と言わて振られた明日菜。それから20年。恋愛できるかはどうかは、セックスできるかどうかで決めてきた明日菜は、ある日。その初体験の相手、海里と再会する。彼はなんと、明日菜が務める出版社の新人作家だった。遅咲きの小説家。金もない地位もない、しかも相性が悪いと言われ…

初体験の相手に「セックスの相性が悪い」と言わて振られた明日菜。

それから20年。

恋愛できるかはどうかは、セックスできるかどうかで決めてきた明日菜は、ある日。

その初体験の相手、海里と再会する。

彼はなんと、明日菜が務める出版社の新人作家だった。

遅咲きの小説家。金もない地位もない、しかも身体の相性が悪いと言われた海里が、気になる明日菜。

人生を共に歩くって、相性がいいって、何なんだろう。

明日菜は、38歳になって未だ悩むのだが……


アラフォー世代は、身体の相性だけではなく、性格の相性も重要になってくる年齢。

今までイイ男を相手にしてきた明日菜は、もちろん体にも自信あり。

だが気になるのは、イイ男とは程遠い、地位も名誉もない海里の事。


恋愛って一体何?

そんな基本中の基本の質問をぶつけた作品です。