魔法のiらんど コミックシナリオ大賞(地味で根暗で残念ですが、直視できないくらいイケメンで高スペックな憧れの先輩に溺愛されそうなので、全力で逃げています。)

作者小蓮―シャオリェン―

筋金入りの地味で根暗で残念な女子。石崎 誠は、地味で根暗で残念なオタク系女子(闇属性)。

直視できないくらいイケメンで高スペックで羨ましい男子。
冬野 由貴は、すれ違うと立ち止まる位秀麗な容姿で、仕事も出来て、友達も多くて、絵に描いた様な好青年系男子(光属性)。

二人は、同じ会社の営業部で、ま…

それなりの企業の営業部で、身だしなみや服装を注意されるも、全くその注意を聞き入れず、他人からの評価を気にしない地味で根暗で残念な主人公は、3年前に会社を辞めた片想いの相手、冬野と思わぬかたちで再会する。

妹の誘いで訪れたバーで経営者と客と言う関係での再会の後、主人公に会うためにわざわざ会社にまで尋ねて来た冬野に、徹頭徹尾ネガティブな性格の主人公は、片想いの冬野に前向きな気持ちをまったく持てずにいた。

だが、再会した冬野に会えば会う程、冬野に必要とされる様になり、主人公は、「面倒な事・苦しい事・辛い事からは逃げる・避ける・忘れる」のモットーで抗いながらも冬野への想いを強め、『幸か不幸かはたまた愚行か』二人の距離は縮まって行くものの、天性の鈍感を発揮して、冬野の思いを躱す事に長け、主人公は告白回避の完封勝利を決め込む。

そんな折り、後輩のちなが、自分がそのちなの唇を奪う狼藉を働き、あわやそのハートまで奪っていた事が判明し、彼から冬野と付き合うか諦めて自分と付き合うかという決断を迫るという復讐を受ける。

ちなの復讐はそれだけにとどまらず、結局『ちなと付き合う事ができない、冬野の事が諦められない』という主人公に、ちなは自分の部屋で主人公が酔いつぶれている様子を写真に撮って冬野に送りつけた。

一体どんな文言で送り付けたのか、しばらくして駆け付けてきた冬野は、主人公に駆け寄った。

冬野は、主人公を家に連れ帰る。

その日、冬野と同じベッドに入り、身体を求めて来た彼に冬野はどうどうと宣告した。

『セッ〇スは嫌』と。

理由を聞く、冬野に主人公は独論を展開して話を混沌に貶めるのだが、冬野が自分が嫌なのか『セッ〇ス』が嫌なのか尋ねられ、

『それはセッ〇スです』と主張する主人公に、冬野は自分を好きであればそれで良いと告げ、キスだけは許して欲しいと主人公に長く激しいキスをした後、先に眠りにつくのだった。


https://maho.jp/works/15591074771452834292