神埼 静流の結婚 ※キルラバ スピンオフ 

作者小蓮―シャオリェン―

男性恐怖症の貧乏人亜希は、泣く子も黙るヤクザの若頭に『変な意味で見初められる』。冷たい若頭はどんどん彼女を好きになる。だが、ヒロインには忘れられない過去があり…

泣く子も黙るヤクザの組長、神埼静流の物語。


超絶ホラーなヤクザの若頭。


将来、自分の息子にまで、サイコパス呼ばわりされちゃいます。



そんな彼ですが!!



人並みにトモダチを作り、人並みに恋人を作り、結婚し、コドモを授かるに至る青春時代があった訳です。


ただそれが、全て普通じゃなかっただけで……。





私、この物語のヒロインである神埼亜希は、地味で普通。


人並程長生き出来なかったけど、『しずさん』貴方に逢えて、可愛い息子を二人も産めて、たくさんの人達と力を合わせて生きたこの人生を誇りに思うよ。


ありがとう。


最後に「泣いて良いよ」って言ったけど、『しずさん』泣いてくれたよね?



私は、貴方に泣いて欲しかった。











『神埼 静流』を知っている人も、知らない人も、この物語で、心行くまで、この作品のヒロインが愛した『神埼 静流』こと『しず』の軌跡をご覧下さい。



『貴方の心の『若頭』の殿堂入りを目指します!』

(ちなみに最後は勿論組長になるのですが、この作品内では諸事情により組長になる以前の話しか致しません)








出会いは突然だった。


季節は秋だったのに、雪山から降りて来たの?


そう思わせる位冷たい眼差しで見られているのに気づいた時、私は雪の王者『イエティ』の様な男の人だと思った。




「おい、お前」


「はい。何でしょうお客様」


「バイトを辞めるのを、辞めろ」


「は!!このお店、今日で閉店です。移転するんです、遠くに。だから、辞めるの辞められません」



艶々の綺麗な黒髪、白い肌。


長身大柄には似つかわしくない端正な顔立ち。


だから余計に、凍り付く様な冷たい感じと、王者の様な傲慢さを表現するのに『イエティ』が殊更似合って感じられた。




「そうか。じゃぁ、話は早い。黙って俺のものになれ。そしたら、好きなだけ贅沢させてやる。好きなだけ、カネを使え。望むなら、セレブな暮らしをさせてやる」


「えっ、困ります! セレブ、興味ありませんから。 あの私、高校生! 17歳なったばっかです。大人がコドモと付き合ったら……犯罪になるって知ってます?」



雪山から降りて来たばかりで、頭が正常に回ってないのかしら。


私、お弁当屋でバイトする高校生だよ。


人身売買される程、両親は貧乏だけど、おカネに困ってないし。


私だって、そこまで追い詰められちゃいない。




「あぁ、常識だ。安心しろ、俺も17だ、もうすぐ18になる」



嘘、学生?


本当かな……。


二十歳過ぎに見えますけど。


指摘したら、『老けてる』って激怒されたら怖いから言わないけど。




「……あの……そもそも」


「何だ?」


「嫌なんですけど!!」


「分かった。さっきも言った。黙れ、と」


「嫌です」


「良いから黙って俺のものになれ








高校生にして都内一の実力を誇る極道の若頭をしている


サイコパスな冷酷若頭 神埼 静流




×




幼少の頃のトラウマを抱えながらも必死にそれを隠して生きる


一途で健気なおっとりヒロイン 田川 亜希



そんな二人の10年愛の物語(色んな意味で)





5bac5ddb42e6



毛虫さん事、@masso421様よりご提供いただきました。




孤独/巻き込まれ/独占欲/クール/独占欲/イケメン














作中で、血の描写や暴力表現や性的表現があります。

加えて、殺人や反社会勢力等の描写や介入もありますが、決してそれらの行為を賛美・奨励するものではありません。


苦手な方はご遠慮下さい。