初恋の相手に振られ、自暴自棄になって一度だけカラダを許したのは、大学生時代の家庭教師の教え子。

五つ年下で、今は同業者で、とびきり顔が良くて、優しくて、女にモテてた。

弱みを見せたり、見せられたり。

付かず離れずやって来た、日々に、突然、終わりが訪れる。

奴に、カノジョが出来たらしい。








私には、5歳も年下の男に、なし崩しに抱かれた夜があった……。








街で一番のイケメンは従兄弟同士、三人居て、性格も見た目も、千差万別。






でも、どいつも、とびきりイケメンで、本当に一癖も二癖もあった。






それが、どうしたって?




私を抱いたのが、そのイケメンの一人だったって話し。





冬野 総一郎とは、同級生の腐れ縁。



彼が、同級生やチンピラを半殺〇にするところを見た数は、片手で足りない。


カラダのフォルムはゴリラだけど、綺麗な顔してる。鋭い目で流し目されると女の子は赤面してた。



冬野 由貴という美少年をたまに見かけた。


妖精の様に可愛く、大人になるに連れ、イケメンになって行く彼の成長が、盆正月の密かな楽しみだった。



椛島 一也は、細身で童顔、色白で、睫毛が長くて女の子だったら、美人なのに、と思うほど綺麗。でも、卑屈な表情や屈託のない笑顔には、オトコを感じさせる魅力があって、一番母性本能をくすぐってくる厄介な奴。




私が抱かれたのは、三人の中で、一番年下の一也。



中学・高校と英語の家庭教師をしていた時の教え子で。



大学4年生の時に、婚約者に振られた気の迷いで、一度だけなし崩しに彼にカラダを許してしまった。




そんな私は、順風満帆に大学を卒業し、弁護士資格を持って大手企業に数年勤めた後、退職し、親の経営する事務所で働いていた。


三年前に、6年振りに再会した、家庭教師をしていた頃の教え子だった一也は、いつの間にか、大学を現役合格し、彼もまた弁護士になっていた。


彼の両親も、私の両親も漏れなく、弁護士事務所の看板を背負った個人事業主だったからか。


いつの間にか、奴は私の同業者になっていた。




漏れなく、ある作品のスピンオフで短編書いてみました。


悪しからず。


https://maho.jp/works/15591074771452834292