joka & Joker ~what is it~  

作者小蓮―シャオリェン―

すべては復讐の為だった。優しかった姉をコロシタ、ヤクザの組長に勝つ為の…。訳アリ囚われヒロインが遭遇したのは『災難か?救済か?』。三者三様の痛みと愛と復讐の物語

人は私を『女媧』と呼んだ。



私の名を知る者は、浮世の恐れを知る者だ。




『ソレ』は



チカラだったり


カネだったり


ボウリョクだったり


ケンリョクだったり





自分より強者がいる事がアタマの片隅から離れない


哀しい奴なら誰でも知っている。



時にそれは『最強』であり『災厄』であった。



私は、多分、『災厄』の方だ。




『女神』と崇める者いれば、『蛇』と蔑ずむ者もいた。





「なぁ、一発ヤラせてくれよ。



        そしたら、悪い様にはしねえ」





その男は、言った。


秋のにわか雨に濡れる私の髪に触れながら。





「札付きだよ、私。女媧(じょか)を知らないの?」





「知っているよ。首から下が蛇の女神だろ? 



            俺、そう言うの好き。 


   

 なあ、俺の部屋行こ。お前何処から下が蛇なの?」





最初はたただ面倒臭いと思った。


でも、そんな生易しいモノじゃなかった。





私の異変に気付いた取り巻きが男ににじり寄る。


そして、殴りかかって行った。




後に残ったのはボコボコにされた私の取り巻き達。





男はワタシを抱き上げた。



「お前は、魔性の女だ」


「……」


『褒めてもいるし、憐れんでもいる』と男は続けた。


その日。


ワタシは、予期せず囚われの道を歩む事になった。






三人の出会いは、災難か? 救済か?




イカれた情報屋組織のボス、JOKER

(拒否権のない、飼い殺しと××)





極道に嫁いだ姉を亡くしたヒロイン、女媧

(不感症だが飛びきり男に好かれる)




『秘密』を抱えた女嫌いの極道の男、マサキ


(罪を隠したまま育む禁断の愛)












『この愛は、イタイ。


でも、悪くない』







作中で、血の描写や暴力表現や性的表現があります。


※他の作品より性愛表現多め



加えて、殺人や反社会勢力等の描写や介入もありますが、決してそれらの行為を賛美・奨励するものではありません。


苦手な方はご遠慮下さい。










駆け引き/魔性の女/監禁/セクシーラブ/三角関係/強引/最強