私が刑務官の職を辞する十日前、と或る男が入所して来る。男は各方面で担当刑務官の心身に支障を齎しこの北滨拘置所に行き着いたと言うのだ。看守部長や同僚、新人教育を経て警戒すれども、男は至って冷静で、我々を揺るがす一切を持ち合わせていなかった。そして私が刑務官を辞する最期の日、死刑執行を前にした男・翡翠…

 












ああ、神様。











BGM 季路/Aimer