きみだけの、恋になる。

作者一ノ瀬 亜子

大学2年生のわたしは、ひたすらに自分を偽って、ちゃらんぽらんな女を演じてた。

甘酸っぱい高校時代の恋を心のどっかで引きずったまま、今日もセフレに抱かれている。



画像タイトルを入力…