虚しくて、愛おしい

作者エレナ

しばらく大学の先輩の部屋にお世話になります。お金が貯まったらすぐにでも出ていきます。迷惑はかけません。




あの日の夜、

ボストンバッグにパンパンに詰め込んだのは、


最低限の生活必需品と

夢と希望と理想から

現実を引いて残った

かすかな期待。





「面倒ならここにいなよ」




朝ご飯がシリアルとバナナでも

洗濯物が干しっ放しでも

すっぴんで寝癖のついた頭でコンビニへ行っても

その人は文句ひとつ言わない。






『 虚しくて、

愛おしい 』







2021.4.1〜