サワギキョウ 2年生編【3】

作者白亜紅葉

全ての決着がつき、再び平穏な生活に戻ったヒイロ達。だが、それは長くは続かなかった。そして、色々な問題を抱えながら、修学旅行が始まる。

自由になった少女は、自由を諦めたあなたを、連れ戻すことを決意する。




それは、雨の降る夜のこと。




”愛してたよ、ヒイロ”




あなたの言葉が、私の胸に突き刺さった。あまりにもいつも通りな笑顔で、あなたはそう言った。




”ばいばい、さようなら”




雨があなたの頬を伝って、泣いているように見えた




”愛してた、だなんて・・・言わないで・・・っ!!”




少女はまた、茨の道を歩き始める。