【完】月の微笑 ~略奪された王女と独善の王~

作者新道 梨果子

 小さな国エルフィの王女サーリア。美貌の彼女は数々の逸話から『神に愛でられし乙女』として敬われていた。
 ある日、隣国アダルベラスが攻め入ってきて、サーリアは略奪されてしまう。
 連れて行かれた隣国で待っていたのは、アダルベラスの若き国王レーヴィス。
 サーリアはエルフィ国民を人質とされ、レーヴィ…

「神に愛でられし乙女」と敬われる、小国エルフィの王女サーリア。

エルフィはある日、大国アダルベラスに侵略され、サーリアは略奪されてしまう。


なぜこの戦いが起こったのかも知らぬまま、後宮に閉じ込められて生きる彼女は、アダルベラスの若き国王レーヴィスの側室として生きていく。




※ 2021/7/27 完結しました。

  スタンプやしおりなどの応援、本当に励みになりました。ありがとうございます!


※ コンテスト参加のため、随時、誤字脱字などのチェック、文章の細かな補正等を行ってまいりますが、物語の大筋には変更ありません。


※ 同作者の「夢見がちな王女は政略結婚でも恋がしたい!【完】」は、この物語の80年後、という設定です。

  同じ国名が出てきますが、それぞれの物語は独立しており、単独で読めます。