どしゃ降りの雨の日
交通事故によって…植物状態になり、眠り続ける彼の元へ…彼女は、通い続けていた

そんな、ある日…彼女は、彼によく似た青年と出会いー…

…あの日もこんな、窓を激しく打ちつける

雨音が煩い、どしゃ降りだった


いつも、そう…

幸福しあわせを掴もうとすると

1つ…また、1つ…と

手の中から零れ落ちてゆく…


まるで…

雨の雫が流れ落ちるかのようにー…



物語の都合上…

不適切な表現、言葉(差別用語)の使用があり…不快な思いをさせてしまうことがあるかもしれません…。