夢幻の飛鳥~いにしえの記憶~

作者藍原 由麗

今は600年代の飛鳥の時代。

大王の炊屋姫(かしきやひめ)の元に女官として仕えている稚沙(ちさ)は、蘇我馬子(そがのうまこ)の甥にあたる蘇我椋毘登(そがのくらひと)と知り合う。

皇族と蘇我氏の権力が混じり合う中、半島や大国隋との関わりも深まっていき……

そんな中で、稚沙と椋毘登はどのようにし…

今は600年代の飛鳥の時代。


稚沙ちさは女性皇族で初の大王となる炊屋姫かしきやひめの元に、女官として仕えていた。

彼女は豪族平群へぐり氏の額田部ぬかたべ筋の生まれの娘である。


そんなある日のこと、厩戸皇子うまやどのみこ蘇我馬子そがのうまこが炊屋姫の元をおとずれる。


稚沙はその際に、蘇我馬子の付き添いで一緒に来ていた、彼の甥にあたる蘇我椋毘登そがのくらひとという1人の青年と知り合う。


だが彼は、稚沙が自分と馬子の会話を盗み聞きしていることに気付き、彼女にいきなり刀を突きつけてきて……



大和王権と蘇我そが氏の権力が入り交じるなか、仏教伝来を機に、この国は飛鳥という新しい時代を迎えた。


稚沙はそんな時代を、懸命に駆け巡っていくこととなる。


それは古と夢幻の世界。

7世紀の飛鳥の都を舞台にした、日本和風ファンタジー!






※話をスムーズに進める為、推古朝以降に登場する物も話の中では使用しています。

その点、何卒ご理解下さい。m(_ _)m