「こーら、逃げないの」そう言って彼は私の腰を掴んで貫いた、執拗に迫る彼の存在に気づいた時には喉元まできていた。






甘い思惑



画像タイトルを入力…





私の考えが甘い

彼から逃れられないのに必死に足掻いて




彼の愛情が甘い

全て支配された時には後戻り出来ないほどに







能力者×狂愛





コメントありがとうございます、更新の励みになります

nami様 ちこ様 よしみ様