「妻は最期に笑う、夫の代償は大きすぎた」

作者

浮気しているんですって、妻の言葉に夫は驚いた。
まさか、感づいていると思ったからだ、だが、近所の旦那さんよと言われてほっとした。

後日、偶然、噂の本人と出会うが、怪我をしていた。

浮気なんかするからよ、妻の言葉に不安、嫌悪感すら感じる夫、だが。

近所の主婦の噂話は真実なのか、不安に駆られた男…

夫は妻との会話に不安を感じていく。

近所の主婦の噂話と分かっていても、漠然とした者を感じるのだ。