「つまらない男、その末路」

作者

「自分が一緒にいても、つまらないだろう」
自分の言葉を男は否定されると思っていた、ところが、女の言葉は予想外のものだった。
自分の全てを否定された言葉に男は言葉を失った、