カイロ大学で考古学を学ぶエリカ・パレルモは、ある日突然、古代エジプトにタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、いずれ…古代エジプト史上“最も偉大なる王”と呼ばれることとなる若き王子ラムセス。冷酷かつ傲慢な彼に初めは反抗していたエリカだったが…ーー。










余の愛する者はたゞひとりのみ



何者も余が妃に匹敵する者はなし



生きてあるとき、かの人は至高の美を持つ女人であった



去りて、しかして余の魂を遙か遠くに奪ひ去りしが故








※この物語はフィクションです。