浅葱色の空に想ふ

作者蜜虫

新撰組副長、土方歳三。幕末を駆け抜けたその男が戦場に散っていく前に遺したものは───。


───新撰組副長 土方歳三。





これは後の世には語られることのなかった

彼の最期の夜の物語。




















※これはフィクションです。

史実とは違いますので悪しからず。