満月の輝く夜は

作者入江なつき

平安時代のとある男性の日常を描きました。

時は平安の中期。治部中丞こと大江敦衛(おおえのあつひら)はしがない中流貴族の出身だ。

それでも妻の温子や友人の直忠などに囲まれて穏やかな日々を送っていた。そんなある日、友人の直忠から頼み事をされる。

敦衛の息子と直忠の娘を会わせたいというものだった。承諾した敦衛だったが?