僕の幸せな結末まで

作者汪海妹

地味で大人しい清一君の魅力は、幼馴染の夏美しか知らないはずだったけど、月日は彼を変えていく。彼の進学で離れ離れになることになり、諦めようと一旦思ったが、東京まで追いかけることに。
暇さえあれば会いに来るがどう思われてるかわからない。不安ななっちゃんはある行動に出ますが、その結果は予測できないもので…

「最近一度ね、わたしは彼にとって必要な人間なのかもしれないって思った瞬間があって、それが友達としてなのか恋人としてなのかはわからないんだけど、それがわかるまではもう逃げないって決めたの。もし、せいちゃんに彼女ができてその人のほうが彼にふさわしくて、彼が幸せだってわかったら、そのときは本当にあきらめられる気がするんだよ。」…本文より抜粋 by 小野田夏美 18歳