安倍晴麗は陰陽少女

作者鴉取雪麗

本作品は『テニスの王子様』の登場人物、オリジナルキャラクターとストーリーを含む小説です。主人公の晴麗と立海の丸井との恋物語、少しのホラー要素が含まれています。



「数多なる世の神々よ」




凛と響く少女の声




「我が名は安倍晴麗」




少女が持つ二枚の紙は

彼女の声に呼応するように光を放つ




「この気高き名において、我が願い…聞き届けよ」




二枚の紙はその形を変え少女の呼び掛けに応える




「結合陰陽器、狩!」




これは、霊も妖怪も神すらも巻き込んだ

少女と少年の物語




962f9873227a


※表紙画像は근심様にお借りしました