再会の交歓【完】

作者藍原美音

彼の血に逆らえるはずもなかった。






「やあ、久しぶりだね」





死にかけの私の前に現れた彼は、



相変わらず美味しそうに笑う。