ファン
1

如月 蓮

きさらぎ れん

自分の過去の棚卸しの為に、小説やブログを書いています。
長年放置していた未完作品をコツコツ編集&更新して行こうと思います。

COVID-19。



COVID-19に翻弄される日々。




とうとう緊急事態宣言が発令したけれど、

前回の物々しい雰囲気とは違って
街は穏やか。

人々の気持ちも緩んでいる。




それは、決して善くない事なのだけれど。




私は、どちらかと言うと
COVID-19への危機感は強く、
感染対策はきちんとしているつもり。




とは言え、明日は我が身。

仕事を休める訳でもないし、
いつだって危険に晒されている。




『ソーシャルディスタンス』という
聞き慣れなかった単語も、

今では当たり前のように存在して
日々の会話で口にしている。




人と会うのにも、
常に後ろめたさが付きまとう。

会いたい人に、気軽に会えない。

それは、私としては
ストレスだと感じていたけれど・・・




今となっては、

COVID-19を言い訳に
独り時間を楽しんでいるのも本音。

今の人間関係が、とても楽だ。




「コロナが落ち着いたら会おうね」




そんな口約束ばかり飛び交う中、

少しずつ、必要な人間以外が
振り落とされていくような感覚で。




自分の中で、

好きな人、会いたい人、話したい人が
明確になったのを実感している。




良い意味でも、悪い意味でも、
私は捲き込まれる体質で、

自分から発信するタイプでもあるから
常に多数の人間と絡み合っていて、




いつも、皆が穏やかに過ごせるようにと
気を遣い、要領よく努めてきたけれど、




今回、COVID-19のお陰で
そういう役目から解放された。




サボる事を、やっと覚えた。

『やらなくて良い事』が
沢山あったのだと思い知らされた。



気張っていた事を自覚したし、
潜在的に疲弊していた事にも気付いた。




皆の潤滑油のような立場に
ずっと立たされていたけれど、

それは、別に私じゃなくても良いし、

私がそこから去ったとしても、
成り立って行く事を知れた。




だから・・・ 気が楽になった。




勿論、COVID-19は必要のない存在で
今すぐにでも消え去って欲しい。




だけど、
COVID-19がもたらした変化に
救われた部分があるのも確かだ。




部屋で独りで過ごす時間を、
今、とても満喫している。




人と会わない分、雑念が消えて、
自己の棚卸しが出来た。

とてもスッキリとした気分だ。




先行き不安ではあるけれど、

きちんと現状と向き合い、
顔を上げて、日々を過ごそう。


コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません