イン・ザ・ダークネス

作者瀬崎架南

眠らない街に劈く悲鳴。
今日も使われなくなった廃ビルからは人が降ってくる。そんな街があたしの生きる場所。
あの頃あたしは、毎日が酷く不機嫌だった。


貴方の本名をあたしは知らない。

貴方の職業をあたしは知らない。

貴方の年齢をあたしは知らない。

貴方の事を何一つ、あたしは知らなかった。


画像タイトルを入力…


偽りの愛と欲望が渦巻くこの街で

この暗闇の中で嗤うのは一体誰か。