トライアングル・ロマンス

作者椿いろは


双子の弟たちとイケメン上司とのドタバタラブコメディ。



小学6年生のみおは母親の再婚で東京から関西へ引っ越すことになる。

そこで出会ったのは、優しい父親と4つ年下の双子の男の子たちだった。



――――それから月日は流れ、東京での大学生活を終えた澪はもうすぐで社会人となる。


友人から「いい加減弟離れしないと」と助言され、弟たちから距離を置こうと決意するけれど―ー待ち受けていたのは、ハチャメチャな毎日の始まりだった。




<ENTRY>


№1兄  小鳥遊徹たかなしとおる

「当たり前やろ。俺らにとって、姉ちゃんはずっと“トクベツ”や」


№2弟  小鳥遊馨たかなしかおる

「……俺は、姉ちゃんの料理が世界一好きやけど」


№3上司 高遠和也たかとおかずや

「ごめんね。俺ってば好きな子ほどいじめたくなっちゃうタイプだからさ」




――さあ、トライアングルの頂点に立つのはいったい誰でしょう?