妖花街にて保育士をすることになりまして。

作者椿いろは



わけあって保育士を辞めた双葉杏咲ふたばあさは、再就職祈願に地元の神社へと参拝にきていた。


そこで出会ったのは、不思議な雰囲気を纏った美しい男性。

その男との出会いによって、杏咲の生活は一変することになる。



男性に連れられた先で出会ったのは――八人の半妖の子どもたち。




其の一 「僕は結構です」

冷静沈着で真面目気質。何でも卒なく熟してしまう天才肌な狐の半妖。

玲乙れお


其の二 「へいへい、わかってるって」

情に厚い兄貴肌。飄々としていて適当なように見えるけど、周りをよく見ている烏天狗の半妖(?)。

火虎ひとら


其の三 「チッ、うぜぇ」

誰に対しても冷たい態度で口が悪い。粗雑で寡黙な鬼の半妖。

影勝かげかつ


其の四 「皆はもうちょっと遠慮した方がいいと思うけどね」

穏やかで優しい常識人。一人で溜め込んで我慢してしまいがちな雪女の半妖。

柚留ゆずる


其の五 「……うん。せんせい、がんばれ」

無気力無表情人見知り。他人の心の機微に敏感な猫又の半妖。

湯希ゆき


其の六 「へへっ、おれかっこよかったやろ?」

ビビりで弱虫だけど、いつも明るく元気いっぱい。天真爛漫なかまいたちの半妖。

吾妻あづま


其の七 「ケッ、ニンゲンにおそわることなんてなにもねーよ」

口は悪いが本当は素直で優しい。獣耳に感情が出やすい雷獣の半妖。

桜虎おうが


其の八 「はぁ? っ、あんたにいわれたくないんだけど!?」

ツンと見せかけてデレへの振り幅がすごい。あざと可愛い覚(さとり)の半妖。

十愛とあ




行く末は――全く意図せぬ逆光源氏計画!?


半妖×保育士(?)たちによる、ほのぼの時々ハラハラな甘くて優しい日常のはじまりです。



画像タイトルを入力…